<おしらせ>

New! サイトを常時SSL化しました。(8/16)
New! 作品特定」カテゴリーを追加しました。(7/25)
New! 作品名を特定した場合は「▶作品詳細」として紹介します。作品名が特定できず女優名だけを特定した場合は「▶関連商品」としてそのAV女優が出演している他の作品を紹介します。(7/3)
New! sharevideosの自動変換コードを外しました。(4/3)
New! 姉妹サイトの『しんじん速報』(新人AV女優のデビュー作を大きな画像の一覧でチェックできるサイト)を大型アップデートし、新たにドメインを取得し『かわいいね!速報』の1カテゴリーとして移転しました。(3/13)
New! DMMのサーバーが重くなっており、サイト全体にアクセスしにくい状態です。それに伴い、当サイトのヘッダー部分も正常に表示されなくなっております。復旧まで今しばらくお待ち下さい。メンテナンス情報はコチラからどうぞ。(12/26)現在は復旧しております。
New! 警告音の出る詐欺POPを発動する複数の動画共有サイトの取扱いを止めました(11/24)
New! sharevideosのURL自動変換コードを再設置しました。(10/30)
New! 試験的にsharevideosのURL自動変換タグを外しています。2日間を予定していますが、その間、過去の記事を中心に動画のリンク切れが多くなった状態になります。(10/28)
New! 姉妹サイト『しんじん速報』をオープンしました。AV女優の新人情報を大きな画像の一覧でチェックできるサイトです。(8/2)
New! 動画がデッドリンクになっている記事に「 ! 動画は削除されました」というタグをつけることにしました。(7/3)
ただいまshare videos 試運転中です。動画がshare videos経由での視聴になります。タグのサイト名は元動画の表記になります。(6/11)

【悲報】やはりほしのあすかは無理やりAV出演させられていた!刑事、民事の訴訟準備中【元・グラビアアイドル・星野飛鳥】

      2017/04/02

hosinoasuka▶動画を見る

「グラビアからいい形で芸能界に入れた」

最初に芸能事務所に所属したのは、高校3年生の4月でした。その2カ月前に、東京・渋谷を歩いている時に、スカウトされました。浜崎あゆみさんや、「モーニング娘。」さんが好きで、「歌手になりたい」という夢をずっと持っていた。CMにたくさん出ているタレントさんがいたので、そこの事務所に所属しました。

すると幸運にも、ある雑誌のミスコンをすぐに受賞できた。グラビアからいい形で芸能界に入れた。高校を卒業してから3年ぐらいは、タレント活動に専念しました。グラビア以外にも、地方局のパチンコ番組と衛星放送の情報番組のレギュラーの仕事が2本あって、たまに舞台にも出ました。両親も応援してくれていました。

「ずっとやっていける自信なく…」

しかし、20歳になるぐらいから、将来が不安になってきた。その頃は、グラビアの仕事は10代の仕事という印象が強かったし、タレントとしてずっとやっていける自信もなかった。一番の夢だった歌手になれなかったということもあります。悩んだ末に、事務所を辞めました。安定した収入が欲しくて、雑貨店や洋服屋でのアルバイトを始めました。

1年半ぐらいした2009年の夏、渋谷で芸能事務所の名刺を持った、男性スカウトに会いました。離れてみたら芸能界は刺激があり、友人もできるし、楽しかったと後悔し始めていた。また、その人の事務所に入りたいと思ってお願いしました。

結果的には、以前に所属していた事務所との関係があるとかでダメでした。それでも、スカウトから「若いし、もったいない。俺の知っているすごい人を紹介する」と言われたのです。4カ月ぐらいして会ったのが、前所属事務所の社長でした。

「俺だったら、中国や海外を目指すよ」

初めて会ったのは、東京・渋谷のマークシティのレンタルオフィスでした。スカウトと3人で2時間ほどの面談でした。社長からは「どんな芸能人になりたいの?」と聞かれました。具体的なイメージができていなかったので「アイドルとか歌の活動をしたい」と答えました。

すると、社長は「俺だったら、日本だけじゃなくて、中国や海外に出て行けるような歌手、女優を目指すよ」と言いました。日本の経済は伸びていなくて、エンターテイメント業界も縮小しているから、と理由を説明しました。

「芸能活動を成功させるには、投資が必要だ。お金をかける価値があるとキミを認めるか分からないけど、毎週90分ぐらい話をしていこう」。その場で手帳を開いて、次の約束を決めました。私はまじめな性格なので、約束があると足を運んでしまうのです。

「カジノ王の協力で、上海でコンサート」

社長は面談で、私の売り出し方を詳しく語りました。

第一段階では、イメージDVD3本を出して、男性のファンをつかむ。同時に女性誌にも連載を持って、女性ファンもつかむ。

第二段階で歌手を始めて、中国で開催されるコスプレイベントやゲームショーにも参加する。日本の地上波で深夜番組にも出る。

第三段階では、ネットでコンテンツを流通させつつ、(マカオの)カジノ王とイベントを開いて、彼にスポンサーになってもらう。

最後の第四段階で、カジノ王の協力を得て、上海の大舞台でコンサートを開く、と。

西麻布でサプライズパーティー

翌10年の2月に、社長らのアドバイスに従って、両親と離れて一人暮らしをしました。日常的に会うのは社長と事務所の女性相談係など、社長の関係者ばかりとなっていきました。2カ月後に正式に所属契約をしました。

5月には、関係者10人ほどが集まって、東京・西麻布のレストランで、私のためにサプライズパーティーを開いてくれた。出席者は「俺たちは家族だから」「私たちは家族だから」と語りかけ、「一緒に夢をつかもう」と盛り上がりました。

「言ったよね」と大声で怒鳴り舌打ち

その10日後、イメージDVDの撮影だと言われて、東京・原宿のスタジオに向かいました。洋服を着たままの撮影の後、監督が当然のように命令したのです。「じゃあ、脱いでくれる?」。驚いてどこまでかを聞くと、「全部だよ」。

驚いて、大泣きしました。撮影が絡みのあるAVだと、初めて知りました。急きょ駆けつけた社長は「言ったよね」と大声で怒鳴り舌打ちしました。

この日の撮影が中止になった直後、社長と話し合いました。

「今までずっと話をしてきたよね。AVはほんの最初だけで、1、2年、長くて3年やるだけ。その向こうの夢のためには頑張らないのかい」

「いくらお金をかけているか分かる? 雑誌とか色々なメディアで宣伝して1億円ぐらいかけている。撮影が無理だと、親に請求がいくよ」

親へのお金の請求が怖くて、6月上旬の撮影には応じざるを得なかったです。

秋に雑誌で私がAVデビューするという記事が出ました。社長は、タレント活動をしていた時の名前をAV女優名に使い、雑誌のミスコン受賞者ということも全面に押し出しました。相談はありませんでした。当然、両親に知られる「親バレ」になります。母は「私はあなたを産んだことが人生の汚点だ」。父は「二度と帰ってくるな」。両親と絶縁状態になりました。

「私たちこそ家族だから支える」

女性相談役に話しました。彼女は、親とのことを「大丈夫?」と心配しつつも次のように言ってきました。「目指している夢を邪魔するのは、実の家族でもダメだよ。私たちこそが家族だから支える」。続けて、一緒にいた男性マネジャーが「携帯の番号を変えなよ」と提案しました。「囲い込み」下だった私は、素直にその通りにしました。

その後は、月1回の撮影が続きました。11年に念願だったCDデビューをしましたが、今思うと、それはAVを続けさせるための私への投資だったのでしょう。

次第に体に異変が起きてきました。食事をしても、お茶を飲んでも吐いてしまう。摂食障害でした。電車やバスに乗ると、急に動悸(どう・き)が起こり、過呼吸になるパニック障害も発症します。ほかの乗客が自分の悪口を言っているように聞こえる幻聴にもなった。社交的な性格だったのが、対人恐怖症になりました。

「死にたかったら死ねばいいじゃん」

13年夏になると、もう心身共に限界でした。当時、1年ほど付き合った後に、実はAVに出ていると打ち明けた彼氏がいました。その彼の目の前で「死にたい」とベランダに向かったのです。

何とか私をなだめた彼が、社長に電話をした。私は「もう無理です。夢とか言っていたけど、雑誌の連載やテレビ出演もなかった。結局、私をAVに出させたかっただけですよね」と訴えました。すると社長は冷たく言い放ちました。

「俺、今から上海なんだよね。忙しいんだけど、何、死にたいの? 俺には分からないよ、別に脱いだって減るものじゃないし。死にたかったら死ねばいいじゃん」

当時、私はこんな文章を書いています。「正直夢を叶(かな)えてあげるから頑張ろうってずっと言われて頑張ってきた。でもどんどんどんどん自分の心も身体(からだ)も歪(ゆが)んでそれでもずっとずっと耐え続けた。でも夢より結局ビジネスね」

「イメージDVDだとウソをつかずに、説明を」

この年の冬、AV引退を発表しました。もう十分に稼いだと思ったのか、社長は強く引き留めませんでした。

両親との関係は現在も修復中です。母親がどうしても過去のことで色々と言うことやご近所の目が気になって、今もって実家に住むことはできません。私の人生をめちゃめちゃにした社長のことは許せません。現役AV女優の香西咲さんと一緒に、刑事、民事の訴訟準備をしています。相応の責任を取ってもらいます。

AV出演強要に関して言いたいことは、やりたくない人間を巻き込まないで下さいということ。イメージDVDだとウソをつかずに、最初からAVだとの説明を怠らないで欲しい。私のような女性を二度と生んで欲しくないです。

ソース:http://withnews.jp/article/f0160826003

香西咲って誰だろうと思ってぐぐったら先月の2ちゃんねるスレにありました

【週刊文春】人気AV女優・香西咲が実名告発!「AV出演強要で刑事・民事訴訟します」★2

1 : ストラト 2016/07/07(木) 15:09:14.41 ID:CAP_USER9
アダルトビデオ出演をめぐる数々の被害が明るみに出る中、人気女優・香西咲氏(30)が、同じく出演強要の被害を受けた佐藤涼子氏(仮名・20代)と共に、
かつての所属事務所「マークス(後にマークスインベストメントと社名変更)」の青木亮社長(40)を相手取って刑事・民事の両面で訴訟を起こすことがわかった。

香西氏は2011年10月にAVデビューしているが、当初はイメージビデオの撮影だと説明されていた。
だが、組織的な“脅迫”や“洗脳”、“囲い込み”など手の込んだやり方で追い詰められ、香西氏は出演せざるを得なくなってしまった。

「今でも時々、当時の記憶のフラッシュバックに悩まされます。いっそ自分の人生を終わらせてしまおうかという衝動に駆られたことも一度や二度ではありません。でも、青木に騙された過去といつか折り合いをつけなければと思って生きてきました。AVの出演強要が社会問題化している今しか、人生を立て直すチャンスはないと思い、告発と訴訟を決断したのです」(香西氏)

週刊文春の取材に青木氏は、「出演するよう脅迫したことはないですし、AVであることを隠してきたつもりはありません」と答えた。

香西氏のインタビュー動画は「週刊文春デジタル」で7月7日(木)朝5時に公開される。

<週刊文春2016年7月14日号『スクープ速報』より>

「週刊文春」編集部
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160706-00006332-sbunshun-soci

香西咲氏のインタビューは20時間に及んだ
http://amd.c.yimg.jp/amd/20160706-00006332-sbunshun-000-2-view.jpg

ソース:http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1467871754/

 以前このブログでも取り上げた「AV出演500本以上の女優が無理やり出演させられたと訴えて経営者ら逮捕」のニュースもこの「マークス」というプロダクションでした。

 その際は、500本以上出演して無理やりな訳ないだろうと被害者女性を貶める記事を書いてしまい大変申し訳ございませんでした。(記事は削除しました)

 あの騒動ではマークス所属の有名女優達がtwitterで被害女性を罵り、マークスの経営者やスタッフ達は本当にいい人だと擁護していたのでそれに流された記事を書きましたが、この記事で彼らのやり口を見ると、「家族」などという言葉を使っていい人を演出しているだけで、有名女優達もいい面だけを見せられて信者になってしまっていたのでしょうね、おそらく。

 現在、ほしのあすかさんは芸名を星野明日香(シンイェイ ミンリーシャン)に改め、ずっと思い描いていた「歌って踊るアイドル」の夢を実現しようと前向きに活動しているようです。

 応援したいですね。

▶作品詳細1star00229pl

 - ShareVideos, Pornhub, ヘッドラインニュース, 10代 or ミニ系, アイドル・芸能人